葬祭とは?

葬儀(葬式)と、その後の法要(祭祀)を合わせたものを葬祭と呼びます。冠婚葬祭が呼び方の由来となっています。

葬儀会社を選ぶときのポイント

入院していた病院からの紹介

葬儀は慌ただしい準備となりますので、故人が入院していた病院から紹介を受けるとスムースです。

友人知人から教えてもらう

葬儀に詳しい友人知人がいれば良い葬儀会社を紹介してもらえる場合もありますで一考の価値があります

インターネットで調べる方法

ネット検索で多くの人が利用していたり、地域密着型で親身に対応してくれる葬儀会社がわかります。

加入していた葬祭互助会から

生前に故人が加入していた冠婚葬祭互助会があれば、これを便利に利用することが可能です。

地方紙の広告から見つける

横浜などのタウンページに掲載されている地域性の高い情報や広告を参考にして葬儀会社を探す。

会館の利用目的とは

数珠

横浜で葬儀や法要(法事)をするときに、葬儀社などの葬祭会館が利用されるのは、「手間がかからないから」という理由があるからでしょう。葬儀や法要は自宅でもおこなうこともできますが、部屋を片付けてスペースを確保したり近隣への配慮が必要になったりして、大変手間がかかります。しかし会館を借りておこなえば、そうした手間がかかりませんし、参列者に振舞う料理などのサービスも受けることができて便利です。それに参列者が多い場合は、「十分なスペースを確保したい」という理由から葬祭会館が利用されることも多いでしょう。自宅に広々とした部屋があるのなら問題ないかもしれませんが、数十人や100人といった規模の参列者を呼ぶとなると、スペースの確保が難しくなったり、駐車場の問題が発生したりすることもあります。その点、葬祭会館であれば規模に合わせた会場を選ぶことができますし、駐車場も広いところが多いので、スペースの確保で悩む必要がありません。

会館を利用する際の申込について

葬儀

横浜で葬儀の際に葬祭会館を利用したい場合は、まず会館を所有している業者へ申込をする必要があります。会館は、葬儀社が所有している場合もあれば、会館の運営だけをおこなっている貸し会館もあります。ですので、葬儀社所有のものであれば、葬儀サービスの申込をすると自動的に会館を利用することが可能になるでしょう。ただし葬儀社所有の会館を利用したい場合は、その業者の葬儀サービスを利用することが条件になる場合が多いと言えます。貸し会館については、葬儀社のサービスとは関係ないため、葬儀社とは別に申込をする必要があるでしょう。葬儀社所有の会館のほうが申込の手間はかかりませんが、会館の設備や場所などにこだわりがある場合は貸し会館のほうが便利かもしれません。

広告募集中